2022年、VPNにかかる費用は?

VPNの価格は、選択するVPNサービスやサブスクリプションプランの長さによって大きく異なります。ほぼすべての高品質なVPNは、実現可能な最も安い月額料金を利用するために、少なくとも12ヶ月のサブスクリプションにサインアップする必要があります。しかし、ほとんどのVPNは、何らかの返金保証や無料トライアルを提供しており、まず試してみることができます。このことについてもっと知りたいですか?それなら、このトピックに関するすべてを説明する私たちの詳細なガイドをお読みください。

ベン・グラインドロー

Ben Grindlow は、VPN 製品やサービスに関するレビューを提供する ProXPN の創設者です。ベンはサイバーセキュリティとプライバシーへの関心からProXPNを立ち上げ、現在では世界で最も評判の高いVPNプロバイダーの1つとなっています。ベンは自分の仕事に情熱を注いでおり、ProXPNの詳細なガイドを改善するための新しい方法を常に探っています。

最終更新日2022年6月30日 16時16分

ProXPN エキスパートピック

4.9/5
3.5/5
4.9/5
3.5/5
4.9/5
3.5/5

目次

世界トップクラスの安全性を誇るVPNプロバイダー

60% 🔥お得!🔥

VPN (Virtual Private Network) を利用するためには、多くの場合、月額または年額の会費が必要です。また、VPNサービスを提供する各社は、それぞれ異なる費用を請求したり、サービスに対して明確な料金体系を設けている傾向があります。VPNを利用するための費用はどのように計算されるのか、また、現在市場で最も評価されているVPN会社を利用した場合の価格については、こちらをご覧ください。

の価格です。 仮想私設通信網 定期購入は、このウェブサイトと同じように、月単位で表示されることが多いようです。また、初回価格が表示されることもよくあります。これは、同じサービスに対して、より多くの価格設定オプションも用意されていることを示しています。これは、VPN企業が通常、VPNサービスのサブスクリプションを一定期間先払いできるようにしていることに起因します。この仕組みの詳細については、以下をご覧ください。

長期間のサブスクリプションを購入する場合、サブスクリプションの全体的なコストは、通常、月額の合計として表現すると、より小さな数字になります。これは、費用がより長い期間にわたって分散されるためです。

とはいえ、選択した期間の費用全額を一度に前払いする必要があるのは正しいことです。前払いする期間が長ければ長いほど、月額の換算価格はより手頃になります。多くのVPNサービスプロバイダは、2年または3年のサブスクリプションを最も費用対効果の高いオプションとして提供しています。

料金不要のVPN、無料で使えるサブスクリプションについて

さらに、月額費用が不要なVPNサービス・プロバイダーもあります。これらは、無料の仮想プライベートネットワーク接続を提供するいくつかのプロバイダーです。当然ながら、これらの「無料」VPN企業の利用可能性は、その業界の最も魅力的な側面の1つである。とはいえ、これらはほとんど必ずと言っていいほど、多くの制限や重大なマイナス面を伴うソリューションである。

データ制限

無料の仮想プライベート・ネットワーク(VPN)契約には、通常、送信可能なデータ量に上限が設定されています。これは、毎月、あらかじめ決められた量のギガバイトしか使用できないことを意味します。VPNサービスを無制限に使用する許可を得るには、当該VPNサービスのプレミアム・バージョンにアップグレードする必要があります。

別の方法で支払う

また、ブラウザで利用できる無料のVPNサービスもあり、その利用にはデータ量の上限がない。これはHolaのVPN接続です。しかし、この事業者が顧客であるあなたに対して、少なくとも我々の視点では完全に不道徳な扱いをすることは常識である。

例えば、Holaを無料で使っている人のインターネット接続が、別の名前でHolaも提供している有料のVPNサービスの顧客にも提供されている場合があるのです。これは、Holaが有料のVPNサービスと同じ会社の所有であるために起こる状況です。また、Hola VPNがユーザーから収集したデータをどのように利用しているかは不明である。

価格はVPNの品質について何を語っているのでしょうか?

一般的に、特定の VPN サービスの価格は、VPN プロバイダが提供するセキュリティのレベルについて、特に信頼できる指標とはなりません。例えば、NordVPN は、リーズナブルな価格であるだけでなく、非常に高い品質の VPN サービスを提供しています。一方、アバストセキュアラインは、私たちの意見では、平均以下のパフォーマンスで、一般的なVPNサービスよりもコストが高いです。

  1. 私たちがお勧めするのは、仮想プライベート・ネットワーク(VPN)の価格に基づいて決断するのはやめておいた方がいいということです。
  2. 可能な限り高い月額費用について自分自身と合意することはできますが、最安値を提供するVPNサービスを利用することはお勧めしません。様々なVPNプロバイダーが提供する多くの機能を比較した上で決定するのが得策です。
  3. 安価なVPNを選ぶという選択肢は常にある。私たちは、手頃なコストで最高級のVPNサービスのリストを作成し、あなたがここにアクセスできるWebサイトにそれらを含めています。このページでは、評判の良いVPNサービス・プロバイダーを発見することができます。

VPNはいくらかかるの?

VPNに求める要件によって、この平均価格である月額3ユーロより安くなることもあれば、高くなることもあります。また、高価だからといって必ずしも優れているとは限らず、安価だからといって必ずしも品質が低いとは限らないことも知っておくとよいでしょう。

VPNコストは見合うか?

VPNをプライバシーのために使用する場合、ダウンロード速度は直接接続よりも遅くなるかもしれません。しかし、別の国や地域のストリーミングサービスのブロックを解除するために使用する場合、データ料金ははるかに低くなる可能性が最も高いです。上記のように、VPN接続を利用するための月額費用は2.00ユーロから6.00ユーロと様々ですが、私たちは常に有料版を利用するべきだと考えています。

  1. オンラインでより多くのプライバシーを
  2. 地理的封鎖の回避
  3. ハッカーなど悪意のある人からの保護

VPN(Virtual Private Network)は、前述の目的を達成するための支援となります。その結果、前述のVPN費用は適正であると考えます。

よくある質問

VPNはいくらで利用できますか?VPNの料金は、平均して月額$10程度です。しかし、長期間契約する場合は、より手頃な価格になります。年間契約の場合、月割りで計算すると平均で$8.41、2年契約の場合、平均で毎月$3.40のコストがかかります。

月々$10~$15程度(長期プランならもっと安くなります)で、VPNサブスクリプションを購入することを強くお勧めします。

はい、VPNへの投資は価値があります。 インターネットプライバシー ネットサーフィンをする際のセキュリティ公共のインターネット接続を利用する場合、仮想プライベートネットワーク(VPN)は、自分のコンピュータのための秘密のネットワークを作成します。

あなたが指摘したように、優れた無料のVPNの大半は、データ制限を課している。なぜなら VPNサーバー と接続にはお金が必要です、無料のVPNユーザーはこのように制限されています。データ制限により、プロバイダーは、あなたが銀行を壊すことなく、彼らのVPNサービスを発見することができます。

最高のフリー Android向けVPN はProtonVPNとAtlas VPNで、これを選ぶとよいでしょう。しかし、他の選択肢もあります。例えば、WindscribeとHide.meは一見の価値があります。

デジタルプライバシーを守り、インターネットを安全に利用するために

個人情報保護の専門家が選んだ製品に興味がありますか?