VPNは合法的に使用できますか?

VPNを使用すると、あなたの匿名性を維持し、アクセス制限を回避し、ジオブロックされた材料、および大いに多くをバイパスすることができます。米国、英国、その他の国々ではVPNは合法ですが、多くの個人が海賊版の配布やその他の犯罪を犯すためにVPNを使用しています。この点についてもっと知りたいですか?それなら、このトピックに関するすべてを説明する詳細なガイドをお読みください。

ベン・グラインドロー

Ben Grindlow は、VPN 製品やサービスに関するレビューを提供する ProXPN の創設者です。ベンはサイバーセキュリティとプライバシーへの関心からProXPNを立ち上げ、現在では世界で最も評判の高いVPNプロバイダーの1つとなっています。ベンは自分の仕事に情熱を注いでおり、ProXPNの詳細なガイドを改善するための新しい方法を常に探っています。

最終更新日2022年7月5日午前10時10分

ProXPN エキスパートピック

4.9/5
3.5/5
4.9/5
3.5/5
4.9/5
3.5/5

目次

世界トップクラスの安全性を誇るVPNプロバイダー

60% 🔥お得!🔥

バーチャル・プライベート・ネットワークの合法性は、国やインターネットの利用を規制する法律によって大きく異なります。VPNは、より安全にインターネットを利用できるため、いくつかの消費者団体もVPNを推奨しています。

VPNは、欧米諸国やアフリカ諸国などで広く利用されています。例外はありますが、VPNはどこでも問題なく、合法的に使用できます。

仮想プライベートネットワーク(VPN)は、オンライン上の自分の身分を隠したり、公共ネットワーク上でプライベートネットワークに直接接続しているかのようにデータを交換したりと、さまざまな理由で使用することができます。

VPNの法的サービスの状況は、ほとんどの場合、国やその国の法律に依存します。国によっては違法となり、禁止されることもあります。

VPNは悪い評判があるのか?

多くの人は、VPNについて何か影があると考えています。VPNには悪い評判があると言ってもいいくらいです。

VPNが違法コンテンツのダウンロードに使われる可能性があり、VPNの法的地位が疑われるからかもしれません。

VPNが悪い評判を持つのは不当で、ほとんどの場合、インターネットサービスプロバイダが制限を設け、VPNでアクセスできるウェブサイトがブロックされる傾向があるからです。

一部の政府がVPNサービスを禁止する主な理由の1つは、VPNサービスが怪しげなビジネスに利用される可能性があり、オンライン活動の追跡が困難になるためです。

大企業でも、純粋にセキュリティやオンラインのプライバシー保護のためにVPN接続を利用し、個人でVPNを利用する場合は、インターネットの範囲を広げるために利用します。

しかし、ほとんどのVPNプロバイダーは無料サービスを提供しておらず、これらの機能を利用するためには月額/年額料金を支払う必要があります。

VPNが違法とされる国は?

いくつかの国では、VPNを使用することはほとんどの場合違法とされています。これらは、政府が権威主義的な政策をとっており、インターネットや報道の自由が制限されている国です。

VPNの使用が(特定の目的のために)許可されない国。

  • 中国
  • ロシア
  • ベラルーシ
  • 北朝鮮
  • トルクメニスタン
  • ウガンダ
  • イラク
  • イラン
  • アラブ首長国連邦(およびドバイ)

 VPNを使用するのは危険だが、形式的には合法である国はもっとあるかもしれない。したがって、渡航前に、現地の法規制をよく理解しておく必要があります。たとえば、オマーンの市民は、特別なライセンスを持っていない限り、VPN を使用することができません。

中国

中国でVPNを利用することは可能ですが、FacebookやYouTubeなどのウェブサイトをブロックする中国の「グレート・ファイアウォール」を回避するものでなければなりません。

ブロックされたウェブサイトにアクセスするために、まだVPNを使用しているのですか?それなら、罰金のリスクがあります。しかし、観光客が中国でVPNプロバイダーを使用したことで起訴されたケースは知られていません。

ロシア

VPNに関して、ロシア政府と中国政府を大まかに比較することができます。VPNは許可されているが、検閲やブロックされたウェブコンテンツを閲覧するためにソフトウェアを使用する場合は許可されない。ロシアは、違法行為に使われたVPNの使用を取り締まる。

ロシアは2017年に、VPNプロバイダーがインターネット検閲の試みを回避することを禁止する法律を通過させました。例えば、同国は政府のルールに協力する気がない特定のVPNサービスをブロックしています。

アラブ首長国連邦(ドバイ)

ドバイをはじめとするアラブ首長国連邦では、ブロックされたオンラインサービスを使用してIPアドレスを隠すことはできません。

例えば、同国では、WhatsappやSnapchatでSkypeや通話をすることは禁止されています。出会い系サイトも禁止されています。この種のサービスにVPNを使用し、摘発された場合は、巨額の罰金や刑務所に入るリスクがあります。

北朝鮮

北朝鮮では、特別な許可を得た場合のみ、インターネットにアクセスすることができます。北朝鮮人はしばしば光明と呼ばれる国家イントラネットにアクセスすることができます。

観光客は現地の3Gネットワークを使ってインターネットにアクセスできますが、一部の欧米のネットワークはブロックされていると思われます。VPNを使用することを強くお勧めします。

ベラルーシ

ベラルーシは、VPNの使用に積極的に対抗しようとしている。インターネットユーザーを匿名化する技術は禁止されています。にもかかわらず、ベラルーシのVPNの使用は依然として人気があります。

トルコ

トルコはまた別の話です。VPNをインストールし、使用することは完全に合法です。しかし、トルコ政府はVPNサーバーへのアクセスを(一時的に)ブロックすることを懸念している。特に政情不安の時には、トルクメニスタンVPNはブロックされやすい。

VPNの利用は常に合法か?

VPNが禁止されている国もありますが、多くの国ではまだ無制限にVPNを使用することができます。違法なVPNを使ってできることがあります。その良い例が、著作権で保護されたコンテンツをダウンロードしたり配布したりすることです。

ThePirateBayやPopcorn Timeなどのウェブサイトから、トレントを利用してダウンロードやストリーミングができる映画、シリーズ、ゲームなどをすぐに思い浮かべることができれば、助けになるでしょう。

これらのサービスのほとんどは、インターネットサービスプロバイダがそれらをブロックするため、VPNトラフィックなしで到達することはできません。あなたは通常、著作権で保護されたコンテンツのために支払わなければならないでしょう。

VPN利用が合法な国

  • アルメニア
  • ボリビア
  • チャド
  • 日本
  • オーストラリア
  • イギリス
  • カナダ

アルメニア

VPNは合法ですか?はい、アルメニアでは合法です。VPNユーザーを罰することはなく、個人も企業も何の制限もなく自由に使用することができます。VPN の法律が緩やかであるため、このような国では VPN 産業がブームとなる可能性が高いです。

オーストラリア 

VPNサービス接続は、インターネット接続/公共Wi-Fiを使用してのプライベートブラウジングのために完全に合法であり、オンラインセキュリティと無制限でブラウジングすることができます。

ほとんどの国でVPNの違法状態は、人々がサイトや政府によって禁止されているインターネット活動へのアクセスを持つことができるように1を取得することができます謎に追加されます。

カナダ

また、VPN技術が許可なくアクセスできると考え、国家安全保障に基づきVPNサービスを禁止している国もあります。

しかし、このようにハイテクでVPN法が緩やかな国では、ほとんど脅威とみなされないため、個人でVPNを利用する分には法的な問題は関係なくVPN接続が許可されるのです。

日本

VPNサービスを制限することなく、インターネットにアクセスできます。

イギリス

未登録のVPNサービスで個人的にインターネットを利用することは、英国では違法行為とみなされることなく、インターネットプロバイダの協力を得て合法的に行うことができます。

法律に基づいてVPNを制限したり、VPNを合法化したりする国は、VPNを許可する国が政府の秘密にアクセスすることを防ぐために、時としてそうする傾向がある。

イギリスではVPNは合法であり、どのVPN企業も制限を受けません。

合法的なコンテンツをダウンロードする場合にのみVPNを使用することをお勧めします。

VPNが禁止されている国で、VPNを使用して違法なコンテンツをダウンロードまたはストリーミングした場合、高額な請求や罰金を請求されるリスクがあります。

にもかかわらず、違法ダウンロードを行うVPNユーザーを検出して起訴することは非常に困難である。単純な理由は、ほとんどのVPNプロバイダーは顧客ログを保存していないため、VPNの使用は携帯電話を検索された場合にのみ気付くことができるからです。

トップおすすめのVPN アプリ

結論

インターネットの自由は、すべてのインターネットユーザーが求めるものの一つであり、それがグーグルクロームのような検索エンジンを使用しながら、インターネットのプライバシーにアクセスするために無料のVPNが非常に人気がある理由です。

検閲を回避し、IPアドレスを保護することで、ダークウェブ上の買い手と売り手が匿名性を保つことができます。VPNを禁止している国では、VPNサーバーを使用することが難しくなっています。

VPNが違法に運用されている国では、違反者には罰則や罰金があり、インターネット利用がいかなる違法行為からも解放されることが期待されているのです。

よくある質問

インドではVPN(Virtual Private Network)の利用は完全に合法ですが、政府や地方当局が個人をターゲットにしているケースもあります。VPNを利用しながら禁止されているサイトにアクセスするのではなく、ご自身で確認されることをお勧めします。

VPNの合法性については、国ごとに独自のスタンスがあります。VPNはプライバシーツールであり、自由に利用することができます。VPNを利用することは合法ですが、違法な行為に関与することは決してあってはなりません。

VPNを禁止している国は、中国、ロシア、ベラルーシ、北朝鮮、トルクメニスタン、ウガンダ、イラク、トルコ、UAE、オマーンの10カ国です。

VPNは本格的なVPNとは異なることに注意が必要です。 アンチウィルスソフト.IPアドレスやインターネットの閲覧履歴を暗号化することはできますが、それだけで十分です。例えば、フィッシングサイトにアクセスしたり、感染したメディアをダウンロードした場合、安全を確保することはできません。

潜在的な詐欺行為VPN を使用すると、VPN は接続ごとに新しい仮想 IP アドレスを生成します。銀行の不正防止ツールは、新しい未知のIPアドレスを不正の可能性があるものとして識別することがあります。また、銀行は、特定の地域からのアクセスを制限することができます。

デジタルプライバシーを守り、インターネットを安全に利用するために

個人情報保護の専門家が選んだ製品に興味がありますか?